美しい人と綺麗な人の違い

世の中の女性には「美し人」と「綺麗な人」の二種類がいます。
時に「美しい人」であり「綺麗な人」もいますが、それはごくまれなケースでしょう。

世の中には美しい人はたくさんいます。
しかし、それは儚いごく短期間な期間だけのことがおおいです。
失礼ながら女性も30歳を超えてくると美しい人の数は激減してしまいます。

それとは別に綺麗な人は年齢と共にますます綺麗になっていきます。

では、その違いは何でしょうか?
「美しい」=「綺麗」ではないからです。

美しい人の記憶はあまり長期間残りません、
しかし、綺麗な人の記憶は強烈に残ります。

綺麗な人は
それは素敵な人とも言い換えることが出来ますが、
そんな方にはみんな「もう一度逢いたい」と人に思わせるのです。

それはもう最初の挨拶から始まっています。
綺麗な人にはみなさん「目力」と「明るく優しい声」を備えているのです。

綺麗な人の瞳はなぜかキラキラしているのです。
私はこれが目力のせいだと思っています。
綺麗な方に見つめられると、それだけでもうポォ~としてしまいます。
それは挨拶の時にしっかりとこちらの目を見て話しかけてくれるのです。

まるで相手の瞳の中になにかプレゼントを置いてくれるような感じでもあります。

最初のあいさつで、じっとこちらの目を見つめられて、とても素敵な笑顔と声で話しかけてくれます。
しっかりと口角を上げた笑顔で明るく少し大きめの声です。

その仕草ひとつひとつに今までの人生が凝縮されてきているような感じを受けます。

30竿を越えてきた女性に美しい女性は少なくなりますが。
40歳や50歳でもきれいな人はいます。

失礼ながらそんなきれいな人のためなら私みたいな馬鹿な男性は
なにか役に立てないか?
頼まれてなくてもそう考えます。

美しい女性になる必要はあまりありません。
それは年齢と共に朽ち果てていきます。
でも、努力次第で綺麗な人になることは可能です。

綺麗な瞳と素敵な声だけでおう男はメロメロになるのです。
カナダグース クリーニング 失敗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です