バストケアで一番重要なのはブラジャー選び

バストケアには様々な方法があります。
例えば、マッサージ、筋トレ、サプリ、クリームでの保湿など。
ですが、それらを行う前にやるべきバストケアがあります。
それは自分に合ったブラジャー選びです。
20代の頃はちゃんと試着して購入していた方も、子供を生んでからはノンワイヤーやブラトップを愛用している、なんて方は多いんじゃないでしょうか。

胸は大部分が脂肪です。
脂肪は動きます。
なのでブラジャー選びが非常に重要です。
日中は必ずワイヤーの入ったブラジャーでバストをしっかり固定する必要があります。
日中にノンワイヤーのものをつけていると、脂肪でできたバストは容易に流れていってしまい、その期間が長ければ長いほどバストラインが崩れてしまいます。

出産をした事のない若い女性はバストが固くハリがあるので、比較的どんなブラジャーでも(低価格のものでも)バストラインはキレイに見えます。
ですが出産や授乳をして年齢を重ねてくると、バストは柔らかく変化します。
ですので年齢を重ねてからのブラジャー選びは非常に重要です。

私はとあるブランドのブラジャーを愛用しています。
出産してからは今までに使っていたブラジャーはどれもこれも合わなくなり、これしかつけられなくなってしまいました。
他のブランドと違うかと言うと、補正力で選びました。
なので、胸の周りからしっかりお肉を集めることができます。
それが固定されれば胸に変わります。

フィッティングの際に合ったブラジャー選びや、付け方をしっかり教えてくれるかどうか?も選びポイントです。
ブラジャーは付け位置がかなり重要です。
大体の方がブラジャーのアンダーを低い位置で付けてしまっていると思います。
これはかなり勿体ないことです。
ブラジャーの付け位置が下がると胸の膨らみの上部が押しつぶされて実際より小さく見えてしまう、なんて事も起こります。
また、ブラジャーの付け位置が上がるだけでバストが上がるので、それだけで見た目の印象が変わります。
若々しく健康的な印象になると思います。
ですので、実店舗で試着したり、見てもらうことは重要なのです。

ブラジャーを新しくしたら、後は日中こまめにバストをブラジャーに入れ直すことを習慣づけるとかなり効果的です。
日常生活の動きでどうしてもバストがブラジャーから逃げていく事があると思いますので、お手洗いに行く際などに習慣づけておくと、周りのお肉が胸として固定されやすいです。
ブラジャーを変えるだけなので、育児中の方やどんな人でも取り入れやすいと思います。
垂れ 乳 改善
是非、ブラジャーから意識してみてください。